開催日程

第28回「ひたち秋祭り―郷土芸能大祭」【茨城県日立市】

2018年10月に茨城県日立市で、第28回「ひたち秋祭り―郷土芸能大祭」がおこなわれます。

秋の日立の夜を郷土芸能で彩る野外の一大イベント、この機会に全国の芸能の魅力をご堪能下さい。

開催日時:
2018年10月 6日(土曜日) ・ 7日(日曜日)   13:00〜
会場:

日立シビックセンター「新都市広場」ほか
日立市幸町1-21-1/Tel.0294-24-7711
JR常磐線「日立」駅中央口徒歩3分
常磐自動車道「日立中央IC」から8分
地下駐車場(有料)あり

料金:
入場無料 

秋恒例、日立の夜を郷土芸能で彩る野外の一大イベント「ひたち秋祭り―郷土芸能大祭

全国各地の郷土芸能団体の夢の競演を堪能できる、日立市の秋の一大風物詩。
日立市内で伝統を育む中学生や保育園・認定こども園児、市民による芸能団体の発表も必見です!
この機会に全国の芸能の魅力をご堪能下さい。

▼「今回は、阿波おどりを本場徳島からはじめてお招きするほか、磯節などの地元茨城の民謡、秋田のなまはげ太鼓など、本大祭としては目新しい演目をご提供します。また、2011年の東日本大震災から7年目という節目にあたり、被災芸能団体である浦浜念仏剣舞保存会をお招きし、「鎮魂」の舞いをご披露いただきます。二日目には、地元の芸能団体の成果披露や街中での芸能パレードを開催し、会場中に太鼓や笛の音を轟かせます。
日本文化の魅力が詰まった二日間の祭りに、ぜひお越しを!」(「日立シビックセンター」サイトより)

荒馬座は、このイベントの制作、演出、舞台スタッフを務めています。
保育園の子どもたちや中学生の踊りの指導も担当しています。

会場の日立市新都市広場は、都心から常磐線の特急「スーパーひたち」で90分、アクセスもばっちり!
野外特設ステージでの開放的な雰囲気の舞台をご堪能ください

日程:
10月 6日(土) 13:00~19:45
13:00~14:30
日立荒馬踊り
おおせ・森山聖徳・みやた・くじ・小木津聖徳・かねさわ・かみちょう・滑川聖徳・かみね・田尻徳風・おおくぼ・みずき・つくしんぼ・おおもり・ゆなご・じゅうおう、の市内各保育園・認定子ども園
※先生方の太鼓・笛のお囃子で「荒馬踊り」を元気に踊る子どもたちの勇姿(!!)にはぜひご注目下さい!この意弁当に向けて荒馬座で各保育園を回って、子どもたちと一緒に踊ったり、先生方と太鼓や笛のお囃子の練習をして、当日に備えています。
18:00~19:45
全国の芸能「夢」の競演
・阿波踊り(のんき連/徳島県徳島市)
浦浜念仏剣舞浦浜念仏剣舞保存会/岩手県大船渡市)
なまはげ太鼓秋田県立男鹿海洋高校/秋田県男鹿市)
新崎樽ばやし(新崎樽ばやし連/新潟県新潟市)
・茨城の民謡(民謡一座『和楽』/茨城県結城市ほか)
唄:谷島明世/三味線:木村龍/尺八:菊地河山/太鼓:橋本大輝

10月7日(日)
10:45~11:15
芸能パレード
・阿波踊り(のんき連/徳島県徳島市)
・日立さんさ踊り(日立さんさ連
・阿波踊り(かみね天風連
河中エイサー(河原子中学校)
11:15~13:15
野外大ステージ演舞
<招待芸能>
浦浜念仏剣舞浦浜念仏剣舞保存会/岩手県大船渡市)
なまはげ太鼓秋田県立男鹿海洋高校/秋田県男鹿市)
新崎樽ばやし(新崎樽ばやし連/新潟県新潟市)
<地元団体芸能>
・ひたちの太鼓(日立太鼓連盟―幸町助川ばやし保存会・常陸太鼓の会・常陸之国御諏訪太鼓保存会)
久慈浜ソーラン久慈浜ソーラン舞踊衆・羅森万
15:00~16:00
青少年フェスティバル<日立市内中学校の芸能競演>1
久慈中ソーラン黒潮太鼓(久慈中学校)
河中エイサー(河原子中学校)
十王鵜鳥舞十王中学校

※演目やスケジュールは変更ことがあります

主催:

公益財団法人日立市民科学文化財団

連絡先: 
日立シビックセンター 交流事業課
Tel.0294-24-7711