活動レポート

荒馬座が保育園にやってきた!東村山市公立保育園『みんなのおまつりひろば』鑑賞&「おやこ和太鼓体験ワークショップ」【東京都東村山市】

2016年1月20日

2015年9月から2016年1月にかけて、東京都東村山市のすべての公立保育園でそれぞれの園を会場とした荒馬座公演『みんなのおまつりひろば』の鑑賞と「おやこ和太鼓体験ワークショップ」をおこないました。

「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金事業」による企画で、実現にご尽力いただいた北村佳子さんよりご寄稿いただきました。

荒馬座が保育園にやってきた!  東村山市立第六保育園 園長 北村 佳子

以前から荒馬座に保育園に来てほしいなと思っていましたが、このたび東村山市の公立保育園に来ていただくことができました。
それと同時に地域のおやこの方々に太鼓の楽しさを知っていただきたく、「おやこ和太鼓ワークショップ」も合わせて開催いたしました。

2015年の9月から、9月10日に第七保育園、10月27日に第二保育園、11月11日に第三保育園、11月24日に第四保育園、11月26日に第五保育園、12月8日に第六保育園、2016年の1月20日に第一保育園で、それぞれの園のホールで鑑賞会として荒馬座公演『みんなのおまつりひろば』をおこないました。
さらに、「おやこ和太鼓コークショップ」を、10月31日に第三・第六・第七保育園で、11月14日に第四・第五保育園で、11月28日に第一・第二保育園でおこないました。いずれも園の子どもたちだけでなく、地域のおやこの皆さんにも広く呼びかけての企画です。

写真  写真

公演当日は、ふだんは保育室として使っているホールに幕が張られ、ホールがステキな舞台に変わり、公演が始まりました。
東村山市の公立保育園では日頃から太鼓や民舞の実践が盛んで、子どもたちも叩いたり、運動会やお楽しみ会で荒馬踊りエイサー、輝けばやしなどに取り組んでいたので、実際自分たちが取り組んだ太鼓や踊りを保育園のホールで実際に友だちと一緒に観ることができ、子どもたちもとても楽しんでいました。荒馬踊りは小さい子どもたちも「ラッセラーラッセラー」とかけ声を楽しむことができました。ソーラン節では園児や職員も荒馬座の方々と一緒に叩かせていただき、貴重な楽しい時間を経験することもできました。太鼓の音が心と身体に響き渡り心が洗われたようでした。

写真  写真

公演後、日頃叩いている「輝け囃子」を園児が叩くのを荒馬座の方々に見ていただきました。すばらしい太鼓や踊りを見せていただき感動した直後だったのでいいイメージができていたようで、太鼓を叩く手がしっかり伸びていたり、腰をしっかり下ろして叩くなど、いつになく上手だったのにびっくりしました。改めて子どもたちに本物の芸術を見せていくことの大切さを実感いたしました。

写真  写真

「おやこ和太鼓ワークショップ」では、「太鼓を叩くのは初めてでした!」という親子の方も多く、
・「子どもたちの楽しそうな表情が見れてうれしくなりました。」
・「最近このようなワークショップに参加することはなかったので一緒に楽しめてよかった。子どもたちの笑顔がステキでした。」
といった感想をいただきました。

これをきっかけに東村山でも太鼓の輪がさらに広がることを願っております。

写真 写真