座員募集

あなたの若い力で、ともに民族文化の花を咲かせよう!

荒馬座では、座員を募集しています。
喜びとやりがいのあるこの仕事をやってみませんか?


民族芸能の生命力で人々に生きる希望と喜びを伝えたい!
いのちがつながるうれしさをともにしたい!
それが荒馬座の願いです。

あなたの力を待っています!



座員からのメッセージ

人が輝く社会を、民族芸能の力で!! 演技部 内山 大造

  ...入座六年目。調理師の資格を持つ粋でいなせなお兄さん。 飲食店、輸入雑貨店などに勤め、世界各地を放浪した後、人々と幸福を分かち合う民族芸能の道を志して入座。

経済やスピードを中心とした情報化社会となり、国際化も進む今の日本では、その代償としてどんどん「日本らしさ」が失われていきます。それも立場の弱い地方の文化から犠牲となって、人知れず貴重な文化が消滅していくという悲しい連鎖が起きています。

仮に、私たちはなぜ日本人なのか、と考えてみましょう。
偶然日本に生まれたから?パスポートの国籍がJAPANだから?
世界の国々の人々と同じ服を着て、同じような仕事をして、同じような生活習慣を送りながら、何をもって「日本人だ。」と言っているのでしょうか?

荒馬座は、文化の力で、民族芸能の力で、そんな社会にもういちど「民族」の絆や誇りを取り戻すために、日々日本各地で祭りを作っています。

もっと自分の深みに向き合いたい!
人が輝く社会にしたい!
と思う気持ちがある方!
民族芸能の力で、それを叶えにいきましょう!

燃えて散りゆく 花火じゃないが
私しゃ芸能に燃えて散る

写真

太鼓でつながろう!! 演技部 川内 歩

  ...高校卒業後、荒馬座に入座。入座十年目。三度の飯より太鼓好き!!

私は荒馬座に入座する前、高校で和太鼓部に入っていました。
学年を越えた仲間たちと太鼓を叩く中で、「一生太鼓を叩いて暮らしたい。」と思い、 太鼓部の顧問の先生に勧められて荒馬座に入りました。

荒馬座に入ってみると、思い描いていた世界とはいい意味でまったく違っていました。
単に太鼓を叩くということではなく、たくさんの人たちとの出会いの中で、太鼓を通して感動を伝えたい! とお互いの心を囃し囃され、多くの人たちが集う場が荒馬座でした。

感動を伝えたいと思っているあなた!!
荒馬座に入って太鼓と暮らしませんか!!!

写真

さあ、やってみよう!! 演技部 中野このみ

  ...特別支援学校教員から、32期研修生を経て入座。入座2年目。

私は、幼い頃の民舞体験と先輩教員の民舞実践に学び、学校でも子どもたちと民族芸能を楽しむ日々を送っていました。 そんな中、32期研修生での9ヶ月間が人生の転機となりました。

民族芸能にふれ、心踊る自分。自分の知らなかった「新しい自分」に出会ったとき、 「そんな自分っていいな。けっこう好きだな。」と思うようになり、 「人生は一度きり!」と思い、入座を決意しました。

自分の思いをことばで伝えることは苦手だけれど、太鼓や唄や踊りに想いを込めること、 自分のからだで表現することはできるのではないか?と思いながら、舞台に立っています。

そして、「私の願っていること、祈っている未来」は、 教員をやっていても荒馬座の活動をやっていても、同じなのだと気がつきました。

広くて深い民族芸能の魅力を、私たちと一緒に味わいませんか? 太鼓や唄や踊りを通して、草木花、鳥や虫、風や空などの自然を感じながら、 一緒に心とからだを動かしてみませんか?

写真
荒馬座はあなたの若い力を待っています!

募集要項

座員募集チラシ裏

募集人員

  • 演技部・企画制作部  若干名

応募資格

  • 太鼓や民舞の経験は問いません。
  • 25歳までの健康な男女 

採用試験

  • 書類選考
  • 実技試験
  • 面接

待遇など

  • 2年間の研究生期間は、医食住保障
    (他に手当て支給)
  • 座員昇格後は、給料制。社会保障完備。

応募受付

  • 随時電話にて受付

申し込み・問い合わせ

  • 荒馬座座員募集係 Tel.03-3962-5942