開催日程

2021荒馬座民族芸能集『はなれていても』【埼玉県新座市】

2021年2月に埼玉県新座市で、荒馬座民族芸能集『はなれていても...』を上演します。

荒馬座の演技者と荒馬座演技部準座員が出演する大規模作品、どうぞお楽しみに!

※本公演は関係各所の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿っ て、十分な対策を講じて実施いたします

開催日時:
2021年2月21日(日曜日)   16:00〜18:00 (開場:15:30)
上演時間約90分/三部形式/30分ごとに休憩10分
会場:

新座市民会館大ホール
埼玉県新座市野火止1丁目1-2/JR武蔵野線「新座」駅徒歩20分
東武東上線「志木」駅南口よりバス「ひばりが丘駅北口」行・「朝霞台」駅南口「東久留米駅」行
西武池袋線「ひばりヶ丘」駅北口 「志木駅南口」行・「東久留米」駅東口「朝霞台駅」行・「新座駅南口」行 JR武蔵野線「新座」駅南口 よりバス「東久留米駅」行にてバス停「新座市役所前」下車すぐ

料金:

大人3,000円/子ども(4歳〜高校生・障がい者・65歳以上)2,000円 ※全席指定

コロナ禍の中、荒馬座は皆さんからのご支援をいただきながら、なんとか今日まで持ちこたえることができました。今回の公演はご支援下さった皆さんへの感謝の気持ちを込めて、荒馬座の活動を一緒に進めてきた演技部準座員の仲間たちとともにつくる舞台です。

コロナ禍は人と人との距離を離してしまいました。
「はなれていても」つながり合いたい...そんな思いを民族芸能を通して皆さんと共有できる時間をつくれたらと思います。

今の時代への思いを込めた初披露の演目もお届けします。

客席数は思い切って制限し、30分ごとに換気のための休憩を取りますので、どうかご安心してお越し下さい。お早めのチケット購入をよろしくお願いいたします。

プログラム:
三部構成 ※30分ごとに休憩10分

【第一部】 舞踊構成『祈り』
清祓の舞(岩手の七頭舞より)
三陸の命のまつり
・虎舞
・浦浜獅子躍
・浦浜念仏剣舞

【第二部】『いまを生きる』
花笠おどり
沖揚げ音頭
荒馬踊り
水口囃子

【第三部】『あしたを信じて』 
道中囃子・跳ね込み太鼓・送り囃子
大漁節
早馬鹿囃子
2001水俣ハイヤ節
ぶち合わせ太鼓
※変更することがあります

出演:
荒馬座
荒馬座演技部準座員

※入館時には全員の体温測定を徹底し、客席スペースは十分に間隔を空け、上演30分ごとに休憩時間を設けて換気を徹底します。感染防止に万全の配慮をおこなっての上演です。

連絡先:
荒馬座
※2020年11月末より申込受付を始める予定です。もうしばらくお待ち下さい。

関連ページ