明日へのまつり ‐芸能は生きる力 いのち輝く明日へ‐

2010年度 厚生労働省社会保障審議会特別推薦児童福祉文化財関連記事


まつりや芸能は、庶民の生きるエネルギーそのもの

海に生きる人々のまつり
土とともに生きる人々のまつり
その調べには 祖先が託した願いが込められ
その踊りには 祖先が築いた歴史があり
その唄には祖先が 伝える知恵がある

まつりは、今を生きる私たちに勇気と愛を与えてくれるのです


>> チラシ画像(別ウインドウが開きます)

上演プログラム

※1部構成と2部構成のバージョンがあります。

 

[1部構成] 上演時間80分。休憩なし。


 



※演目は変更することがあります。
八丈島太鼓

荒馬踊り

傘踊り

沖縄の豊年踊り


ソーラン節

ぶち合わせ太鼓

沖縄の豊年踊り

エイサー

竿灯


 

[2部構成] 上演時間115分。休憩15分含む。



第1部 「まつり囃子に願いを込めて」

 


第2部 「明日へ」

 



※演目は変更することがあります。

メッセージ

秩父屋台囃子

制作より

まつりや芸能は、庶民の生きるエネルギーそのものです。
人と人、人と自然がともに生きていくことの喜び
みのり豊かなふるさとへの願い
さまざまな苦難を乗り越え共同する心
自然の息吹やいのちの営みを感じにくい現代社会にあって
まつりや芸能は、私たちに生きる力を与えてくれることでしょう
みんながのびのび 輝く明日へ願いを込めて

(制作/貝塚理子)

レポート・ご感想

  • 大泉町地域公演『明日へのまつり』【群馬県邑楽郡大泉町】

    群馬県の大泉町では、これまでに町の保育園合同観劇会や小学校の鑑賞教室などで荒馬座公演をおこなってきました。 今回は、大泉町南・北・西保育園保護者会の共催で、大泉町・大泉町議会・大泉町教育委員会・(財)大泉町スポーツ文化振興事業団の後援も受けて、町ぐるみで『明日へのまつり』公演に取り組んでいただきまし…  >> 詳しく見る

その他のレポート・ご感想